大統領選

バイデンと中国の関係は?大統領選の結果と米中関係の今後を調査!

バイデンと中国の関係は?大統領選の結果と米中関係の今後を調査!
アメリカの大統領選の日程である2020年11月3日も近づいてきていることもあり、ニュースでは「国際」のカテゴリーが賑わっていますね。

中でも現職大統領であるドナルド・トランプ氏以上に話題になっているジョー・バイデン氏に関する検索需要も一気に高まっています。

 

世間の人がバイデン氏の何を検索しているのか?

というポイントを調べていると中国との関係に興味を持たれている人が多いです。

 

今回の記事ではジョー・バイデン氏が大統領選で当選したとしたら中国とどのような関係になるのか?そして選挙前から噂されている中国との関係をまとめました。




バイデン氏と中国の関係は?

バイデンと中国の関係は?大統領選の結果と米中関係の今後を調査!1
ジョー・バイデン氏はアメリカの二大政党である民主党候補者として今回の大統領選に挑みますが、選挙前の各情報紙の内容からもジョー・バイデ氏は中国との関係性や親和性を取り扱った内容が多いです。

もともと、保守的な共和党よりもリベラル(最近では極左が多い)な民主党中国との関係性を大切にしていましたし、オバマ大統領が現職の時も副大統領としてジョー・バイデン氏は習近平氏とはかなり蜜月な関係であることをアピールしていました。

バイデン大統領誕生で反日の流れも強まる?


さらに上記のつぶやきにもあるように、日本国内の報道(特にテレビ)ではジョー・バイデン氏をポジティブに報道する内容が多いかなと思います。

 

日本にとってはどっちが良いかは個人的な主観も入ってしまう意見になるので控えますが、テレビなどの報道ではジョー・バイデン氏がポジティブドナルド・トランプ氏がネガティブに表現されているように感じます。

若干公平性に欠ける報道の多さに対して肌感覚でも違和感を感じたり、中には気持ち悪いと率直な意見を述べる人もいますね。

大統領選における米中関係の今後

バイデンと中国の関係は?大統領選の結果と米中関係の今後を調査!2
おそらく中国の立場で考えたら、中国批判の強いトランプ大統領よりも、習近平との繋がりが濃いバイデン氏が新しい大統領になったほうが表面上は良いと思われます。

先日もトランプ大統領は中国との貿易協定に関して「もうどうでもいい」と強硬姿勢をアピールしていましたし、自国であるアメリカファーストという軸が全くぶれないトランプ大統領が再選なら、今後も緊張感を持った関係性が続くでしょう。

 

もしもバイデン氏が大統領になった場合は中国への外交が弱腰であるという批判がアメリカ国内からも多くあるように、米中関係は一見して修復の兆しは見られると思いますが、アメリカ国内や日本に対する姿勢は今までのトランプ大統領の時に比べて大きな変化があるはずです。

バイデン大統領で中国との関係はどうなる?


かなり鋭いつぶやきの1つにバイデン大統領が誕生した後の中国との関係をシュミレーションすると、ジョー・バイデン氏は76歳という高齢のため、何かしらのアクシデントで大統領が退き、55歳の黒人女性である副大統領のポジションが決まっているカマラ・ハリス氏が大統領の仕事を担う可能性もあります。

 

カマラ・ハリス氏は黒人女性という特徴以上に、極左の考え方が際立った人物であることも有名なので、今までにないほど中国との関係は深い結び付きになる可能性もあり、日本としても決して対岸の火事とは言えないような変化が起きると思われます。

 

この点に関して危機感を持つ人も多く、調べれば調べるほどにバイデン氏が大統領選に当選したあとの世界の動きは、急激に変化するかもしれません。

国際問題や政治に興味の薄い人ですら日常に何かしらの違和感を感じたり、なんとも言えない不安を感じる日が来てもおかしくはないです。

バイデンと中国の関係のまとめ

バイデンと中国の関係は?大統領選の結果と米中関係の今後を調査!2
大統領選というのはフタを開けてみなければ本当にわからないものです。

現状ではバイデン氏の方が有利であるという報道も多いですが、どんどん現職のドナルド・トランプ大統領にも色々な追い風が吹いているようにも感じます。

 

それに2016年の大統領選でもドナルド・トランプ氏が大統領になる可能性は薄いと思われていましたし、日本のメディアでもトランプ大統領の誕生は国内で例えるなら堀江貴文氏が内閣総理大臣になるようなものという例えも印象深かったですね。

堀江貴文さんが総理大臣になる可能性というよりも、ドナルド・トランプ氏が日本でいところの堀江貴文さんのような異端児というか麒麟児的な勢いを持つ人であったという意味でも僕は受け止めています。

 

攻めの姿勢に関しては現職のトランプ大統領の方が力強く感じますが、バイデン氏も癒やしの政治や恐怖よりも希望という若干抽象的なスピーチが多いながらも現時点ではトランプ大統領に匹敵かそれ以上の支持を受けています。

 

中国への弱腰外交や、あまりにも大盤振る舞いな政策への財源の不安要素など少々弱点が目立つ印象もありますが、もしも大統領に当選したらより世界を良くする方向に舵をとっていただければと思います。