イベント

大阪万博のロゴマークにパクリや盗作疑惑も?デザインセンスが炎上!

大阪万博のロゴマークにパクリや盗作疑惑も?デザインセンスが炎上!
大阪万博ロゴマークに対する注目が大きくなるにつれて1つの疑念が生まれます。

いくらオリジナリティがあっても、必ず大規模な国際色を帯びたイベントのデザインやロゴマークなどの発表があれば、それと一緒に噂されるのがパクリや盗作疑惑です。

 

本来なら今年に開催されていたであろう東京オリンピックのエンブレム発表でも当初は佐野研二郎氏のデザインがベルギーのデザイナーの作品と酷似していることが話題となり、大きな話題にりましたよね。

 

今回も少しづつですが、有る事無い事を含めた、大阪万博のロゴマークに関するパクリや盗作の可能性も噂され始めています。

今回は個性というかアクが強すぎるゆえに炎上したり、あらぬパクリや盗作疑惑の真偽について記事にまとめました。




大阪万博のロゴマークにパクリや盗作疑惑も?

大阪万博のロゴマークにパクリや盗作疑惑も?デザインセンスが炎上!2
かなり斬新でおしゃれなデザインであろうが、それが盗作やパクリによる作品であれば信用も価値も全てを失うのが世の常です。

今回の大阪万博のロゴマークも「いのちの輝き」という細胞をテーマにしたデザインで一見して気持ち悪いなどのネガティブな意見も多いけれど、実は盗作である可能性が低いことも美点として評価されています。

 

大阪万博で決定されたロゴは、


キャラメルコーンのパッケージに似ているという声もありますが、あくまでも印象的な問題であったり、ちょっとしたユーモアセンスによる反応ばかりです。

深刻な盗作疑惑やパクリ疑惑などによる公式デザインを訴訟するような大事が起きる気配は無いので、その点は安心出来るデザインなのかと思います。

大阪万博のロゴはパクられる側になりつつある


あまりにも今回の「いのちの輝き」をモチーフにしたロゴマークをドギツイデザインセンスと捉える人たちの中でも絵心が卓越した人は、すでに大阪万博のロゴをオマージュしたイラストを投稿しています。

おそらく今後もどんどん増えていく気配を感じますし、気持ち悪いと言われていたのに気づいたら多くの人から親しまれる可能性も十分にありそうですね。

大阪万博ロゴ、パクリ発覚というけれど…


正直、そこまで似ていないかなぁという印象を受けます。

大阪万博クラスのイベントだと、採用されたロゴのデザインを見て、どことなく見たことがあるような錯覚を起こす人もいると思いますし、ほんの少しの特徴が近いだけでもパクリや盗作であるようなつぶやきをする人もいますが、さすがに「いのちの輝き」に似ているデザインは今のところは無いと思われます。

大阪万博のロゴマークのデザインが炎上している理由

大阪万博のロゴマークにパクリや盗作疑惑も?デザインセンスが炎上!3
大阪・関西万博のロゴマークが決まった事自体はすごく明るい話題ですが、そのデザイン性があまりにも、興味を持っていた人の意表を突きすぎてしまったのか「気持ち悪い」とか「怖い」など生理的に受け付け難いという声が集まって炎上のようになっています。

人は理解を超えたものに恐怖すると言われていますが、あのシンプルなようでいて複雑なデザインは見慣れるまでは、軽い恐怖感と一緒に歩んで行きそうですね。

ですが、ミスタードナッツのポンデリングやキャラメルコーンと言った女子ウケするお菓子のデザインに似ていてけっこう可愛いいですし、もう少し慣れてもらうまで時間がさえ用意出来ればなかなか味のあるロゴマークだと思います。

大阪万博のロゴマークのパクリや炎上に関するまとめ

大阪万博のロゴマークにパクリや盗作疑惑も?デザインセンスが炎上!4
盗作やパクリの疑惑はまだそれほど出回っていませんが、ネット上では今回発表された大阪・関西万博におけるロゴマークの注目度は極めて高いので、こんごもまた、あらぬ疑いや、思わぬ火種によって話題に上がる可能性もあります。

しかし、東京オリンピックのエンブレムのような、明らかにデザイン性が盗作と判断されるような気配もないですし、色々な利権が見え隠れする不穏な炎上騒動とは違い、今回の大阪万博のロゴマークの炎上はちょっとした暖かさも感じられるお祭りのような楽しさも感じられます。

 

今回のご紹介した大阪万博のロゴデザインはアニメや漫画やゲームなどで表現されている世界観との親和性が高いために、ついついいじらずにはいられない雰囲気があるので、望まずしてイジられキャラの属性が加わり、味方を変えればなんとも親しみやすいデザインなんだろうと言う見方をする人も増えてくる思います。