話題

桜井野の花TVの謝罪動画の反響!今後の歌舞伎町とお店の復活を調査

桜井野の花TVの謝罪動画の反響!今後の歌舞伎町とお店の復活を調査
桜井野の花さんが今日(2021年2月7日)の夜に「報道されている件についての現状のご報告。」という動画で、先日の2月2日に彼女がオーナーである花音(かおん)という歌舞伎町の人気店が見せしめのような摘発を受けた事情の報告をアップしました。

 

その桜井野の花さんの投稿した謝罪動画は、投稿して4時間ほどで11万再生を超えるほどに注目が集まり、コメント数も1,200弱ものファンやアンチの声が書き込まれています。

 

更に特筆すべき桜井野の花さんの投稿した謝罪動画の評価は、圧倒的に高評価が多いことが特徴であり、個人的にじっくりとその動画の内容を何度か視聴させていただいたところ、すごく誠実な謝罪の姿勢と、風営法を破ってまで営業してしまった理由などが伺えました。

 

今回の記事では、桜井野の花さんが本日投稿した「報道されている件についての現状のご報告。」という謝罪動画に対するファンの反応や、桜井野の花さんは今後どのような活動をし、行政処分として見せしめの摘発を受けたお店の復活などの可能性をまとめました。




桜井野の花TVの謝罪動画に対するファンの反響!

桜井野の花さんは歌舞伎町のキャバクラの中でも人気店である花音(カオン)のオーナーであること以上に、YouTuberとしての顔も持っています。

 

個人的にお酒が飲めないけれど、日本一の繁華街とも言われる歌舞伎町でナンバーワンを95ヶ月連続達成したキャバ嬢の哲学を聞ける桜井野の花TVというチャンネルは非常に面白いのでチャンネ登録をしていましたが、今日投稿された動画は今までの視聴者を楽しませるというスタンスではなく、一人の経営者の誠実さが際立った内容でした。

 

端的に上記の動画の内容をまとめると、桜井野の花さんを応援していた人や、期待してくれていた方達に対する謝罪の言葉を伝えた内容です。

 

そして、桜井野の花さんがオーナーを務める花音(カオン)が摘発された経緯を、オーナー自身がその経緯を伝えるという姿勢には関係者やファンにとっては真剣に聞くに値する内容だったと思います。


もちろん謝罪したからと言って、桜井野の花さんの行政処分に対する対応の見方を改めることはありません。

 

ですが、たくさんの従業員を抱えるオーナーの桜井野の花さんの苦悩や、流行り病による歌舞伎町の廃れ具合は凄まじいようです。

 

昨今の夜のお店と呼ばれる職業に対する政府の目の光らせ方は尋常ではないですし、感染防止の観点から正しいことだとは分かっていても、歌舞伎町に足を運んだだけでも閑古鳥が翼を広げている様子が伝わるものがありますし、お店を営業していればその数百倍は閑古鳥の羽ばたきに苦しさを体感しているはずです。

 

そして桜井野の花さんの投稿した謝罪動画は、一般的に有名YouTuberによる謝罪動画のほとんどが低評価に評価の割合が大きく偏るケースが多い中、高評価が圧倒しています。

 

その理由としては、従業員のせいなどにして自分を守ったりせず、すぐに桜井野の花さん自身に全ての責任があることを認め、「魔が差してしまった」とストレートな謝罪の姿勢を貫いたことに有ると感じました。

 

ついつい、このような謝罪をしなければ行けない状況に追い詰められた人気YouTuberはかなりボロが出てしまったり、自己保身に走る弁明を無意識にしてしまう人が多いのですが、桜井野の花さんは、その点誠実さがリスナーに伝わった珍しいタイプだと思います。

 

従業員を守るということも綺麗事に聞こえることは自覚しつつも、今回の摘発に関する罵詈雑言は全部桜井野の花さんが真摯に受け止めるので、従業員や従業員の家族に対する誹謗中傷だけはやめて欲しいと、絶対にされたくないことも明確に公表出来たところも経営者として最上級の対応だったのではないでしょうか。

桜井野の花の今後は?

桜井野の花TVの謝罪動画の反響!今後の歌舞伎町とお店の復活を調査1
桜井野の花さんの今後はどうなるのか?その点に関しては、今後も厳しい状況が続くことが予想されます。

 

謝罪動画でも、動画の活動を一時休止するとの発表があり、残念に思えますが、今の状況でいつものような笑えるお役立ち情報や、整形ネタ歌舞伎町のキャバ嬢ナンバー1の哲学などの内容はたしかに相応しくないので、適切な決断だと思います。

 

今回の桜井野の花さんの謝罪動画によって、彼女がオーナーとしての大切な責務である従業員を守るとための行動の1つとして誹謗中傷などから全力で守った姿勢は誠実さを感じたものの、流行り病の感染防止の観点から営業自粛が続いたら、従業員の生活のためのお給料に頭を抱えるでしょう。

 

一部の噂では、最低賃金や未払い賃金などの問題も噂されてはいたものの、明らかに桜井野の花さんがプレイヤーとしてナンバーワンを目指していた頃の覚悟に比べると見劣りするスタッフにまで親身な対応が出来てない部分は見えるものの、そこまで非人道的な対応とは思えない点も散見されます。

 

なので、体験入店程度の気持ちでお店の門をくぐった女の子や、お客さんに対するマメな連絡やトーク力を磨かなかった女の子に対しては、おそらく相手にしていなかったのかもしれません。

 

であれば、時給6,000円のところを最低賃金しか払わなかったというのも歌舞伎町だけでなく、水商売の世界ではまかりとおる部分かなと思います。

 

ホストとかの求人と実際の賃金などは以前に調べたところもっと悲惨で、最低賃金どころかお客さんのツケの未回収分が借金になったりと、リスクの高い仕事であるという覚悟が無ければやらないほうが良いですし、最低賃金でも支払っているだけ人間性に欠けたようには見えません。

 

ただ、桜井野の花さんはYou Tubeなどで印象があまりにも良いために、水商売の給与体系を当たり前のように使うだけでも反感や失望を買ってしまうのは少々気の毒かと思います。

桜井野の花と歌舞伎町のお店の復活は?


桜井野の花さんに対する厳しくも適切な視点を持つであろう、しんじつさんのつぶやきは毎回手厳しさと、今後の桜井野の花さんが立ち上がるためのアドバイスも含まれているように思えます。

 

桜井野の花さんの経緯や、その厳しい状況、そして悪い噂などはしんじつさんのつぶやきから色々なものが見えるように感じました。

 

ただ、このような強力なアンチ兼親身な視点を提供してくれる存在が、もしかしたら桜井野の花さんと彼女のお店の復活のヒントになりそうな気もします。

 

そして、ガチのアンチ勢からの投稿も今後さらに増えることが予想され、現状でも自分がオーナーだったら精神が落ち込んでしまうなと思える内容もたくさん投稿されています。


上記のつぶやきも、おっしゃることはごもっともだと思います。

 

桜井野の花さんの味方になる人まで誹謗中傷の的になるし、その厳しい言い分にも通っている筋もあるだけに、桜井野の花さんの心をえぐることが出来るように感じますが、もしも桜井野の花さんがオーナーとしてお店を立て直す気力が残っているなら、このようなコメントにも耐えうる精神力や、バッシングの声の中からでも改善出来る要素を拾い上げる執念も必要にるかもしれません。

桜井野の花のお店の復活には時間が必要

桜井野の花TVの謝罪動画の反響!今後の歌舞伎町とお店の復活を調査2
桜井野の花さんがオーナーを務める歌舞伎町のお店の復活にはしばらく時間がかかると思われます。

 

営業を再開するだけであれば、しばらくしたら摘発された際に強制的な行政処分時に斧で壊された入り口のドアの修繕や、キャストのメンタルのケアや桜井野の花さんの意欲次第では営業再開は可能でしょう。

 

ですが、度重なる夜の街に対する営業の自粛などによる行政指導を守るとなると営業すれば赤字になる可能性が極めて高いです。

 

おそらく行政指導を守るとなると、しばらくの間はお店を休業させておいたほうが、まだ店舗を運営するための体力(資金力)の消耗を防げると思われます。

 

なので、経営者視点で桜井野の花さんがオーナーを務める花音(かおん)などのお店の営業再開はしばらく時間が必要になるため、もしかしたら、カリスマホストで有名なローランドさんのようにお店を畳んでしまい、時期が来たら再び再開するなどの経営に対する柔軟な対応も資金面から必要な選択肢になるかもしれません。

桜井の野の花TVの謝罪動画のまとめ

桜井野の花TVの謝罪動画の反響!今後の歌舞伎町とお店の復活を調査3
今回の記事では桜井野の花さんのYouTuberとして運営しているチャンネルである「桜井野の花TV」に投稿された謝罪動画に関する反応や、今後桜井野の花さんと、彼女がオーナーを務めるお店が復活出来るのかについてまとめました。

 

桜井野の花さんの投稿した動画の内容は、今回の行政指導を破ったことに対する謝罪や、歌舞伎町の現状や、今回多くの人の関心を集めてしまったことで従業員やその家族に対する誹謗中傷だけははやめて欲しいということが伝わるものです。

 

今の政府の飲食業界に対する自粛の要請の声はすごく強いもので、特に夜の仕事に関しては、その世界を知らない人にとっては驚くほど厳しい状況だと思います。

 

なので、桜井野の花さんのお店の復活には時間が必要であり、状況によってはお店を畳む可能性も想像出来ました。

 

YouTuberとしての活動もしばらく休止するとのことですが、お店は休業しても、できれば動画の投稿だけでも早めに復活してもらえたらと思います。

今回の記事も最後まで読んでくださってありがとうございました。