話題

桜井野の花の店が摘発理由は最低賃金?警察が踏み込んだ経緯を調査

桜井野の花の店が摘発理由は最低賃金?警察が踏み込んだ経緯を調査
桜井野の花(さくらい ののか)さんと言う、日本一の歓楽街である歌舞伎町で95ヶ月もナンバーワンを獲得したキャバ嬢がオーナーのお店花音(カオン)が昨日大規模な行政指導が入ったことが話題になりました。

 

正直、行政指導というレベルの規模感では無いように思えるほどの機動隊の導入はやり過ぎではないかと思える程でしたが、それゆえにSNS上でも相当大きな注目が集まる結果になっていて、歌舞伎町を知る人にとっては相当ショッキングな出来事だったはずです。

 

今回の記事では、桜井野の花(さくらい ののか)さんがオーナーを務める歌舞伎町でも屈指の人気店であった花音(カオン)が摘発された理由と、桜井野の花(さくらい ののか)さんを検索した際に検索候補に出てくる「最低賃金」というキーワードを深堀りしたいと思います。

 

さらに、警察がお店に踏み込むには相応の理由や情報提供があったと思われますので、ネット上で噂される内容や、桜井野の花(さくらい ののか)さんのYouTuberとしての顔から見える今回の騒動の経緯をまとめました。




桜井野の花の店が摘発理由は最低賃金?

桜井野の花(さくらい ののか)さんの名前を今現在の(2021年2月3日)の時点でYahooの検索窓で調べようとすると、サジェスト(検索候補)には「最低賃金」と言うキーワードが真っ先に浮上します。

 

桜井野の花(さくらい ののか)さんは歌舞伎町でも特に知名度の高い店舗である花音(カオン)というお店を経営しているため、そのお店で働いてくれる女性への賃金に関する良からぬ噂は以前から出ていたそうです。


桜井野の花(さくらい ののか)さんのお店の花音(カオン)にはかなり物々しい状況でのガサ入れがあり、その規模感の大きな摘発に関する根拠を推察した様々な声が上がっていますが、一部の従業員や関係者から恨みを買ってしまっていた様子は伺えます。

桜井野の花が最低賃金などで叩かれる理由

桜井野の花の店が摘発理由は最低賃金?警察が踏み込んだ経緯を調査1
桜井野の花(さくらい ののか)さんのお店の悪い噂で目立つのは、従業員とのトラブルの多さや最低賃金問題賃金未払いなど、歌舞伎町では珍しくもない水商売の洗礼的な部分が注目されていました。

 

水商売と言っても、様々な職種がありますが、キャバクラ嬢と言うのは雇用主はいるけれど、自分自身を商品とした自営業的な要素がすごく強いため、最初から知名度の高い桜井野の花(さくらい ののか)さんのお店を選択するのは決して間違いでは無いと思います。

 

おそらく桜井野の花(さくらい ののか)さんご自身も新人の頃は同じ経験をされているとは思うのですが、年々一昔前(ひとむかしまえ)の歌舞伎町の悪しき風習は悪目立ちするようになっていて、そのことに気がつけなかった脇の甘さとも言えるのかもしれません。

 

桜井野の花(さくらい ののか)さんの影響力は凄いので、求人媒体にもお金は使える上に、彼女自身の運営しているYouTuberとしてのチャンネルから、その人柄の良さに魅了されて面接に来る女性も多いそうです。

 

そのような桜井野の花(さくらい ののか)さんに憧れてきた女の子にとって、実際に歌舞伎町で働く際の異様な給与体制(特にペナルティー)などは、他の仕事では経験したことのない特殊さに驚かされたのではないでしょうか。

 

そして、給与未払いや、ペナルティーによる最低賃金などのルールはおそらく桜井野の花(さくらい ののか)さんご自身の実体験による常識の範囲と考えられている可能性も高く、さらに流行り病などによって働く女性スタッフの事情と噛み合わずに大きな恨みに発展したと考えられます。

 

もちろん、悪しき風習である水商売の給与体系を全く変えようとしなかった桜井野の花(さくらい ののか)さんの責任は大きいのは言うまでもありません。

ただ、桜井野の花(さくらい ののか)さんのような歌舞伎町のナンバーワンになるためには、相応のリスクや、性格や人格が変わるくらいの努力による運を引き寄せる必要があると思います。

 

桜井野の花(さくらい ののか)さんの身を削るような努力は誰にでも出来るものじゃありませんし、もしも彼女と同じくらい努力しろ!と強要されたら身体か精神のどちらかがほとんどの人が壊れるんじゃないでしょうか。

 

普通に考えて桜井野の花(さくらい ののか)さんの努力量や覚悟は女性や男性と言った概念を超越したものがあり、歌舞伎町という水商売のメジャーリーガーみたいな連中を押しのけてトップに立った頑張りは、彼女に憧れて入店した女性との意識の差もあったはずです。

 

桜井野の花(さくらい ののか)さん自身も自分の努力量や辛い体験は、新人の女の子も通るべき道と考えていた可能性も十分にありそうに感じます。

 

結果(売上)さえ出れば遅刻をしようが、ワガママを言おうと許されるのが歌舞伎町の水商売の世界ということもあって、結果を出すことが最も難しい新人に対する重いペナルティは桜井野の花(さくらい ののか)さんにとっては改善する必要性を感じていなかったものと思われます。

 

なので、桜井野の花(さくらい ののか)さんにとって頻繁に入店する女の子に対して、いや、結果を出していない女性スタッフに対しては親身になってあげられないのかもしれません。


桜井野の花(さくらい ののか)さんに関して非常に厳しい投稿を続ける方もいて、その投稿内容から読み取れるのは本当に桜井野の花(さくらい ののか)さんを許せないという気持ちがすごく伝わってくるものがあります。

 

たいていはネガティブな書き込みではありますが、上記のしんじつさんという人の書き込みの中には桜井野の花(さくらい ののか)さんの運営する系列店にもガサ入れが入る可能性を示唆する内容の書き込みもあり、今の時期に歌舞伎町で飲もうと思う人は少ないとは思いますが、そのような人にとってはかなり有益な情報源になりそうです。

桜井野の花の店に警察が踏み込んだ経緯

桜井野の花(さくらい ののか)さんのお店の花音(カオン)に警察が踏み込んだ経緯に関しては、今でも午後9時から午前5時前営業していたため、風営法や条例違反の疑いによって去年の5月と11月に2度に渡って是正を求めるも応じていなかったという事情が、大規模のな摘発が行われるまでの経緯としてあったようです。

 

なので、突然桜井野の花(さくらい ののか)さんの経営するお店に機動隊を投入した大掛かりな摘発が行われたというわけではなかったことが分かります。

 

今回の花音(カオン)と言うお店への警察の立ち入りは深夜営業の立ち入り調査という名目があったのですが、店舗従業員がお店の鍵を閉めて警察の立ち入りを妨害したという行為に対しての逮捕者が出ました。

 

警視庁にとってもキャバクラの深夜営業に関する取締りという仕事は数ある職務の中でも優先順位はかなり低いほうなのですが、これほど大規模な摘発を行うことには見せしめの意味も強く込められていたと思われます。

 

見せしめの理由として考えられるのは度重なる風営法や条例違反の是正勧告の無視が悪質と捉えられたからと言うのが最も有力視されている考え方です。

桜井野の花の店摘発された理由のまとめ


今回の記事では、桜井野の花(さくらい ののか)さんの店花音(カオン)が摘発された理由や、彼女の経営するお店で働く女の子への最低賃金や給料未払いなどのトラブルが多かった理由などについてまとめました。

 

花音(カオン)が摘発された理由としては、警察による度重なる風営法で、特に流行り病が横行するこの時期だからこそ営業時間に関する是正勧告を度々受けていたにも関わらず無視して営業したことが悪質と判断されたためだと考えられます。

 

そして花音(カオン)の従業員が逮捕された理由は立ち入り調査に対して店舗内から鍵をかけて警察の邪魔をしたことによるもので、最低賃金でキャストを働かせたという疑いによるものではありません。

 

そしてなぜ、桜井野の花(さくらい ののか)さんが新しく入店する女の子などに対して、給与未払いや、最低賃金などで揉めるのかと言えば、桜井野の花(さくらい ののか)さんご自身が歌舞伎町の水商売の悪しき習慣を体験して常識だと考えているところにあると思います。

 

桜井野の花(さくらい ののか)さんの努力量や、その努力が実を結ぶ人ほどの運の良さを兼ね備えている人は極めて少ないと思うのですが、水商売の壁に苦労している人への共感性が足りていなかったかもしれません。

詳しい事情はみずにゃんさんの投稿された動画の内容にありますので、もしもお時間がありましたら倍速でご視聴ください。

(僕はパソコンで視聴しているのでビデオスピードコントローラーという無料のクロームアプリで三倍速で見ていますが、時間の節約にはオススメです)

 

今の時期は飲食店に対する政府からの自粛要請が毎日テレビで報道されていますが、夜のお店は当たり前のように営業は悪と捉えられている空気もあるため、今後の繁華街の動向にも注目したいと思います。

今回の記事も最後まで読んでくださってありがとうございました。