話題

花音(カオン)の摘発の理由は?歌舞伎町のキャバクラが見せしめ逮捕!

花音(カオン)の摘発の理由は?歌舞伎町のキャバクラが見せしめ逮捕!
花音(カオン)という新宿の歌舞伎町でも特に知名度の高いキャバクラに突如として機動隊による大掛かりな摘発がSNS上で大きな話題となっています。

 

花音(カオン)というお店は超有名キャバクラ嬢としても名高い桜井 野の花(さくらいののか)さんが経営するお店としても知名度があり、今回の摘発による影響力はかなり大きいものと考えられますし、警察にとっても何かしらの意図があったのでしょう。

 

今回の記事ではキャバクラ花音(カオン)がトレンド入りした理由と、なぜ名店と名高いキャバクラ店が見せしめのごとく大規模な摘発を受けてしまったのか?

 

深夜のガサ入れによってまるで見せしめ逮捕のようだとSNS上では話題になっているその理由なども踏まえてまとめました。




花音(カオン)の摘発の理由は?


新宿歌舞伎町でも有名店と思われる花音(カオン)への摘発は、その知名度の高さも相まってSNS上では今日(2021年2月2日)の深夜には多くの関心を集めました。

 

一体なぜ花音(カオン)は大規模な摘発を受けたのでしょうか。

 

現状では信ぴょう性のある一次情報がまだ出ていないのため、Twitterによる情報を元に花音(カオン)が摘発されてしまった理由をまとめて紹介しますと、

・流行り病による時短営業の中にも関わらず、朝5時まで営業していた可能性

・風営法に違反した可能性による見せしめ摘発

・迷惑条例違反による摘発の可能性

・労働基準法や脱税などの真偽が定かではない噂による摘発

・公文書偽造の可能性による摘発

などが考えられますが、花音(カオン)と言うお店が歌舞伎町内でも知名度が高いということは、その分同業種の他店から見たら目障りに見えてのタレコミによるモノではないか?などの憶測もありますが、個人的にはそのような他店によるライバルつぶしか時短営業を守らずに続けていた見せしめかと考えています。

キャバクラ花音(カオン)のオーナー桜井野の花さんとは?

キャバクラ花音(カオン)のオーナーでありチャンネル登録者が25万人を超えるほどの人気YouTuberでもある桜井 野の花(さくらいののか)さんは今日の摘発が起こる前日までは結構ほのぼのとした動画をアップされています。

 

桜井 野の花(さくらいののか)さんも動画の中では大根おろしを食べながら仲の良いエンリケさんを自宅に呼んでブチギレドッキリを仕掛けようとするも怒れなくて、ただの世間話をしているという他愛のない内容でした。

 

それゆえに突如として機動隊が集結してしまうようなガサ入れが入るなんて夢にも思っていないであろうほどに警戒心の無さを感じました。

 

桜井 野の花(さくらいののか)さんは可愛くなるための執念も凄まじく、整形を何度も繰り返したり、普通の人であれば隠したい過去もさらけ出すような人柄には多くのファンがいますし、交友関係も広く、表面上は悪い噂よりもポジティブな印象をもたれる経営者に思えたのですが、今回のキャバクラ花音(カオン)への摘発後にも詳しい動画が投稿されるのかがきになるところです。

歌舞伎町のキャバクラ花音(カオン)が見せしめ逮捕!

花音(カオン)の摘発の理由は?歌舞伎町のキャバクラが見せしめ逮捕!1
今回の花音(カオン)と言う歌舞伎町でも有名なキャバクラ店への摘発は、まるで虎のが獲物を狩るが如く突如として行われ、まるで見せしめのような形で機動隊の方の突入を多くのメディアが撮影されていたそうです。

 

良くも悪くも歌舞伎町の中のお店が知名度を上げることは良い事とされるくらい剛の者が集まる空間と言えど、あれほどの機動隊が集結するお店は間違いなく悪い方の知名度が上がってしまうかもしれません。

 

そのため、僕のようなキャバクラなどの知識が乏しいモノから見ても大事(おおごと)だなぁと強い関心が持てるほどの規模で注目が集まっているのだと思います。


突如として歌舞伎町のような狭い空間にこれだけの警察の中の最高戦力が集結したら、どんなにのんきな人でも「何事!?」ってなりますよね。

 

個人的には歌舞伎町はラーメンを食べに行ったことがある程度ですが、新宿区の中でもたった2%しか歌舞伎町の面積は無くて、思っていたよりもずっと狭い土地に多くの夜のお店がギッチギチに集まっている印象です。

 

具体的な数字にしたら、歌舞伎町は一辺が約600Mの四角形をしていて、 広さは、0.34平方キロメート程度と言われていますし、たった1つのお店に対してもの凄い摘発の動きを見せるんだなと驚かされます。

花音(カオン)が摘発された理由のまとめ


昨年には歌舞伎町ではスカウト狩りなどの大規模な暴力のプロフェッショナル達による活動がSNS上でも話題になりましたが、その時でさえ機動隊は集まらなかったはずです。

 

警察側としてもよほど確信めいた摘発理由が無ければ機動隊などの最高戦力を投入することはできませんから、 花音(カオン)と言うキャバクラのお店は何かしらの大きなトラブルの種を持っていたのかもしれません。

 

それか他店による嫌がらせの通報かとも思いましたが、根拠の乏しい嫌がらせの通報で今回の規模は不自然なので、色々な憶測が飛び交いそうですね。

 

個人的には、流行り病で飲食店への営業自粛が政府から届いている現状に、夜のお仕事への風当たりは以前にも増している中で、インスタなどのキャバクラの集客方法による営業活動が派手だったのではないかと思います。

 

条例の時間外に営業を派手に続けていれば、警察からも目をつけられても不自然ではないのですが、今回の摘発の規模感からは大きな問題も予想される出来事でした。

花音(カオン)が摘発後の動向は?(追記)


まだこちらの情報も信憑性は乏しいのですが、もしかしたらキャバクラ花音(カオン)さんは今月には今の店舗から別のテナントへ引っ越しして営業を再開される可能性もあるそうです。

 

おそらく摘発後ということもあり、しばらくは営業再開は厳しいかと思いますが、メディアでも多く取り上げられたり、繁盛店ゆえに嫌がらせも多く受けていたと言った事情もあるそうなので、もしも摘発されたり事情に対する正当な弁明さえ通れば、今回の窮地をチャンスに変えることが出来る可能性が残されているかもしれません。


SNS上では今回の摘発時の画像を見て、目ざとくも連行されるスタッフの中の一人がヴィクトリーサインを繰り出しているところに、今回の摘発に対する余裕を察する方もいました。

 

良く見ておられるなと関心しますが、そのような1つのジェスチャーからも、もしかしたら本当に嫌がらせの積み重ねが摘発に発展した可能性もありそうですし、深夜にも営業していたことによる摘発であれば、今や国会議員の先生ですら銀座に通ったという事実もあるため、 キャバクラ花音(カオン)さんにも反論のチャンスはあるかもしれません。

 

職業差別のやり玉に上げられる夜の仕事ですが、なんとかこの厳しい状況にも耐えてたくましく活躍をして欲しいと思います。

 

今回の記事も最後まで読んでくださってありがとうございました。