話題

ひょっこり男とは?再逮捕の理由と危険で迷惑な自転車運転の出現場所も

ひょっこり男とは?再逮捕の理由と危険で迷惑な自転車運転の出現場所も
ひょっこり男が再逮捕と聞いて、お笑い芸人のひょっこりさんがなにかやらかしたのかと思われた方も多いかもしれません。

先にお伝えすると、お笑い芸人のひょっこりさんとは関係ありません。

今回ご紹介する「ひょっこり男」とは正式名称は「ひょっこり飛び出し男」とも呼ばれ、埼玉県の桶川市周辺のドライバーに多大な迷惑をかけ続けた男性です。

去年にもひょっこり男は道路交通法違反によって執行猶予付きで逮捕された経験がありますが、昨日の報道では72歳の男性に暴行をふるっているところを現行犯で逮捕されました。

事件性の規模や文章だけだと、どれほどの迷惑だったのかが想像しづらいかと思いますので、今回は動画やSNSによる世間の反応を用意しながら記事としてまとめました。

今回の記事は動画の挿入が多いので、もしもご自宅のパソコンで視聴する際にはGoogle Chromeの拡張機能である「ビデオスピードコントローラー」を利用すると2倍速以上の速度で視聴できますので、よければ検索して使ってみてください。




ひょっこり男とは一体なにをやらかしたのか?

ひょっこり男とは?再逮捕の理由と危険で迷惑な自転車運転の出現場所も2
ひょっこり男」という何とも可愛らしいネーミングセンスから、そんなひょっこりした程度で目くじらを立てて怒らなくても?と思ってしまった僕はひょっこり男に迷惑をかけられた人の立場を全く理解していませんでした。

ひょっこり男はガチで危険性を振りまく凶悪な所業を働く輩のことです。

その凶悪さは昨日の報道でも紹介されていましたが、下記のその様子を貼らせていただきます。

(TBS NEWS)さんの動画の引用になりますが、ドライバーの立場であれば相当血の気が引くような事態ではないでしょうか?

本人は「自転車に乗っていただけ」などとほざくのですから、ひょっこり男と遭遇してしまったドライバーからしたら「ふっざけんな!!」の一言だと思います。


上記のつぶやきから読み取れる、数々の危険な迷惑行為の回数には驚かされます。

三度の執行猶予や、反省の色も無しなど警察による処罰の甘さも見て取れますが、今回再逮捕されなかったらいずれもっと大きな事故が発生する火種になった可能性は高いと思えました。

ひょっこり男に叩き込みたい自転車も守るべき交通のルール

ひょっこり男とは?再逮捕の理由と危険で迷惑な自転車運転の出現場所も1
基本的に自転車も車両扱いという交通法の認知が以前よりも浸透してきたこともあり、自転車が歩道を走るというルールを守る人が増えている事自体は良いことでしょう。

しかし、自転車は車道を走る際には、左側を通行するのがルールであり、路側帯を走る場合にも左側部分に設けられた路側帯を通行するという基本的なルールが存在します。

なのに、ひょっこり男は車道のど真ん中を走るだけでは飽き足らず、面白半分なのかスリルを求めてなのかは当人にしかわかりませんが、対向車線にひょっこり飛び出すのです。

こちらは去年動画でまだ「ひょっこり男」が逮捕される前の報道のようです。

これは行う方も頭の構造が地球外生物にいじられてしまって常識という概念を外されてしまったとか思えない行為ですし、対向車を運転しているドライバーは判断を間違えればひょっこり男をハネてしまうか、自らが避けようとして電柱などにぶつかる危険性がありました。

ひょっこりおとこ再逮捕の理由

ひょっこり男とは?再逮捕の理由と危険で迷惑な自転車運転の出現場所も3
上記で紹介したように、ひょっこり男は通常とはだいぶ違った価値観を持っているようで、人の迷惑や危険性、さらには自分が自動車にぶつかり事故になることすら他人事のように考えている節があります。

なので、自省をすることで迷惑行為を辞めることも無く、去年に逮捕されることになりましたが、昨日はいまだに続けている危険行為を咎めた72歳の男性への暴行容疑で再逮捕されました。

その様子を動画でも紹介されていますので、下記に貼らせていただきます。

(FNNプライムオンライン)さんの動画の引用になります。

これは胸ぐらを掴まれている72歳の男性の執念を感じる動画です。

さんざん迷惑をかけられて、その証拠を集めてようやくひょっこり男に人の道を叩き込んでやらねば気がすまぬという怒りを感じますが、その行為に対してひょっこり男は逆上して襲いかかってくるというシーンですね。

さすがに状況証拠も揃っているため、ひょっこり男の言い分は通らずに再逮捕の流れになりました。

ひょっこりおとこの危険で迷惑な自転車運転の出現場所

ひょっこり男とは?再逮捕の理由と危険で迷惑な自転車運転の出現場所も4
ひょっこり男」とYahooの検索エンジンに入れると、真っ先に「ひょっこり男 桶川」という検索候補が出現します。

それだけ逮捕されるまで、ひょっこり男が出現するであろう場所に対する警戒心による検索需要が高かったことが読み取ることができます。

そして、ひょっこり男の出現した場所はTBSの番組による動画を元に調べると下記の地図の場所であることが分かりました。

テレビの報道の場所を参考にすると埼玉県道164号であり通称旧中山道などの近辺にひょっこり男は出現する傾向が高かったようです。

確信的な愉快犯なだけに、執行猶予中にも関わらず何度も危険な迷惑行為を繰り返すひょっこり男が捕まって地域のドライバーは胸をなどおろしたのではないでしょうか?

ひょっこり男はサイコパスというよりソシオパス?

ひょっこり男とは?再逮捕の理由と危険で迷惑な自転車運転の出現場所も5
ひょっこり男の出現場所を調べると同時に、なぜ何度も同じような危険な迷惑行為を平然とやってのけたのかも気になります。

世間では近年「サイコパス」という言葉も常用語彙の一つになったと思いますし、ひょっこり男もサイコパスじみた行動をやめなかった印象を受けます。

サイコパスも、日本語に置き換えると、反社会性パーソナリティ障害とも表現され、社会の規範を破ったり、他人を騙したりすることに罪悪感を持たない障害と言われています。

ですが、サイコパスの人は社会的にその本性を隠しているケースも多く、今回の様に目立つ行動を取らないとも言われています。

なので、ひょっこり男は生まれつきのサイコパスというよりも、後天的な生活環境などによって反社会性をまとったソシオパスに近いのではないかと思います。

サイコパスとソシオパスの違いについて分かりやすい動画も下記に貼らせていただきます。

後天的なもので、もしかしたらトラウマを抱えていたり、つらい人生経験がひょっこり男の行動理念を作り上げた可能性もあるのかもしれません。

ですが、わずかに同情出来るのかもしれませんが、安っぽい同情で大きな事故を引き起こすこともあるので、ソシオパスの人の苦悩に寄り添うすぎると身を滅ぼす可能せうもありますね。

やはりプロの精神科など心のスペシャリストでなければ、ソシオパスの人のりかいは難しいと思いますし、ひょっこり男の更生にもプロ後からが必要なのかなと思います。

ひょっこり男の再逮捕の理由や出現場所のまとめ

ひょっこり男とは?再逮捕の理由と危険で迷惑な自転車運転の出現場所も6
ひょっこり男とは、お笑い芸人のひょっこりさんとは全く関係の無い男性です。

ひょっこり男」とはネーミングがひらがなで可愛らしいけれど、実際の行動は自転車による道路交通法違反に当たる行動を行い続け地域住民に大きな不安を与えました。

その地域住民の中でも特に怒れる72歳の男性によって、今までの行いを咎められたことに突発的な怒りから胸ぐらを掴み続けるという暴行を行い、去年も執行猶予付きで逮捕されたにも関わらず再逮捕となっています。

そして、ひょっこり男の主な出現場所は、埼玉県の桶川市でした。

特に桶川市の旧中山道の近辺に出現してはドライバー達を困らせていたようです。

常識の持ち合わせた大人のする行動からかけ離れているためサイコパスの疑いもありますが、本物のサイコパスはここまで分かりやすい馬鹿げた行動を取らないためソシオパスの傾向の方が高いと思われる。

下手な同情心ではこちらが大きな被害を被るか、ひょっこり男の心を余計に閉ざしてしまう結果になり、大きな事故や事件に発生しかねないため心の専門家の力が必要ではないかと考えています。

今回の記事も最後まで読んでくださってありがとうございました。