話題

新東名ハイエース盗難事件とは?杉村さんの善意を踏みにじった犯行を調査

新東名ハイエース盗難事件とは?杉村さんの善意を踏みにじった犯行を調査
新東名高速道路ハイエースが盗難された事件が今日(2020年12月14日)の早朝からツイッターのトレンド上でずっと1位になるほど話題になりました。

 

なぜ、新東名高速道路で起こったハイエースの窃盗事件がこれほどまでに、多くの人から注目を集めたのかというと、被害にあわれた杉村晋吾さんはハイエースで高速道路を走行中に事故現場を見つけてしまい善意による行動を起こした結果、愛車のハイエースを盗まれてしまったのです。

 

人の善意を踏みにじるあまりの悪行のひどさに、ハイエースを盗難された杉村晋吾さんの悲痛なつぶやきは一気に拡散されてトレンドのトップになってしあいました。

 

今回の記事では、新東名高速ハイエース盗難事件とは、どんな内容でハイエースを所持していたドライバーの杉村さんの善意を踏みにじった犯人たちの行動や様子についてを記事にまとめました。




新東名高速道路ハイエース盗難事件とは?


今朝の新東名高速道路杉村晋吾さんによるツイートが普通ではないバズり方をして、一気に拡散されました。

 

その経緯は、ハイエースという車種で運転していた杉村晋吾さんは今朝新東名高速道路を走行中に車の事故に遭遇し、その救援活動が思わぬ不幸になったのです。

 

少しでも事故を起こしてしまったドライバーが早く救援されるように、愛車のハイエースを路肩に止めて発煙筒を事故車のそばに置きに行こうとして事件は起こりました。

 

一般的なドライバーの感覚であれば、事故を起こした際にわざわざ車を止めてまで救援されやすくなるように発煙筒を置きに来てくれたドライバーが現れたらひたすら感謝の気持ちしか湧きません。

 

ところが、新東名高速道路で起きたハイエース窃盗事件は、善意で事故対応が早く来てくれるように発煙筒を置きに来た杉村晋吾さんにお礼を伝えるどころか、事故を起こしたドライバー一味(男性2人に女性1人)は救助活動に来てくれた杉村晋吾さんが下りたハイエースを強奪して逃げて行ってしまったのです。

 

なんというか、映画のワンシーンのような非現実的かつ、非常識な犯人によって、善意で高速道路で止まってまで駆け付けた杉村晋吾さんの愛車ハイエースが強奪された事件を、起こった場所の名称から新東名高速道路ハイエース盗難事件と呼ばれました。

ハイエースのドライバーによる善意を踏みにじった犯行がツイッターでバズった理由

新東名ハイエース盗難事件とは?杉村さんの善意を踏みにじった犯行を調査1
善意を踏みにじった最悪な犯人たちによって車を盗難されて高速道路に置き去りにされてしまった杉村晋吾さんは、できる限り自分の車の情報をツイッターでつぶやきました

 

正直、文章だけだったら、本当に起きたことなのかな?

 

という疑いもあったかもしれません。

 

しかし、杉村晋吾さんのつぶやきは実際に盗難にあったハイエースの特徴や、盗まれた車内にあった自転車や衣服に財布などの状況が詳細にあり、このつぶやきを見た多くの人が拡散に協力してくれました。

 

新東名高速ハイエースの盗難事件を起こした犯人たちの悪質すぎる非常識さには、当事者の杉村さんも愕然とされたようですが、ツイッター上の善意ある人達の拡散だけは失意の杉村さんを少しは元気づけてくれたようです。

新東名高速ハイエース盗難事件の犯人たちの特徴


実際に新東名高速道路で事故を起こした犯人たちの救助に向かった被害者である杉村晋吾さんの証言では、犯人たちはラリっていた(正常な状態ではない)ため盗まれた愛車で事故を起こされることを心配するつぶやきを残しています。

 

まさか、助けに向かった事故車から3人も頭のおかしな雰囲気をまとった若者たちが3人とも礼も言わずに降りてきて、ご自身の車(ハイエース)を奪われるとは思わなかったはずです。

 

ただ、このような緊急事態であり、高速道路という危険な場所に置き去りにされても犯人たちへの恨み節を一切つぶやかず、正確な現状を解決できるために必要な情報をつぶやくところに杉村さんの凄さを感じます。

盗難されたハイエースが発見される!


事件から数時間後、さまざまな情報のかいがあったのか、杉村さんのハイエースは発見されたことがつぶやかれました

 

盗難にあったハイエースの状態はまだ不明のようですが、この状況においても杉村さんはは犯人たちへの恨み節よりも、現状の報告と拡散に協力してくれた方たちへの感謝の言葉をつぶやいています。

 

さらに、絵文字をつかうなどしてご自身への心配無用を伝える気配りには素晴らしい人間性を感じます。

 

ただ、あまりにも磨かれた人格はほとんどの人に対して良好な人間関係を築く大きな魅力ですが、一般的な道徳心も無い連中に遭遇してしまうことで大きな事件に巻き込まれる可能性もあるので、杉村さんご自身とハイエースの無事をお祈りしたいです。

新東名高速ハイエース盗難事件のまとめ

新東名高速道路でのハイエース盗難事件は無事に解決に向かいそうです。

 

すでに犯人も逮捕され、一時は全く口を割らなかったようですが、犯人一味の女性が関与に認める供述をしているため、一緒にいた犯人たちも状況を少しづつ語ると思われます。

 

この事件をネットで見かけた時は、ハイエースがハイエースされたという言葉が見受けられ、ハイエースという車種の風評被害に関するニュースかと勘違いしてしまいました。

 

ハイエースという車種はネットスラングで拉致・監禁を意味するなどの使われ方もしています。

 

その理由はフィクションの物語の中でも、あまりのハイエースという車種の機能性の高さから誘拐犯が被害者を拉致する際に使われるシーンが多いからなのですが、今回はハイエースによって事故対応の救援活動を行った際の事件だっただけに注目も大きかったのかもしれません。

 

ハイエースの意味は、

英語で「高級な」「より優れた」という意味のハイとエースを組み合わせた造語

とありました。

今回の新東名高速道路ハイエース盗難事件では、フィクションでは悪党の乗る車としてのイメージが強かったハイエースが、現実では人格者の乗る車としてのイメージが個人的に紐づいたので、杉村晋吾さんの善意による活動はトヨタからも一目置かれても良いのではないかと思います。

 

ネット上では様々な杉村さんへの温かい言葉も見受けられましたし、事故を越した車への救援をする姿勢は本当に尊いものです。

 

今回のような事件を知ると善意を踏みにじられて怖い思いをするのは嫌だなぁという気持ちになったかもしれませんが、杉村さんのつぶやきには助けた後悔はつぶやかれていなかったことに本当に尊敬の気持ちを抱かせていただきました。

今回の記事も最後まで読んでくださってありがとうございました。